慰謝料を増額する方法

交通事故で被害者になり、慰謝料を請求するときに弁護士に相談する慰謝料は本当に正しいものなのでしょうか。慰謝料を増額する手順について説明します。

慰謝料まず保険会社側から伝えられた慰謝料の金額が一般的な相場や、自分の思っていた金額よりも低かった場合の金額を増額してもらうことは、一般の人にはなかなか難しいです。その理由は一般の人には交通事故の慰謝料に対する専門知識がないので、保険会社を納得させることが難しいからです。

また、加害者側の保険会社が示談金の提示をする場合には、ほとんどのケースで慰謝料の金額は低いものになってしまいます。しかし、被害者側に弁護士がついている場合には最初の提示金額が低い場合でも相場の慰謝料を支払ってもらうことが可能になります。相場の慰謝料の基準は裁判の基準で計算されたものになるので裁判ではこの基準によって慰謝料が決められます。

弁護士の仕事は依頼者の利益を最大限にすることなので、裁判をしてでも依頼者の得ることのできる交通事故慰謝料を増やすことを優先します。保険会社もその事情についてはわかっていて、相場の慰謝料をみとめることはせずに裁判までされてから解決が長引いてしまうことを考えると弁護士相手になると簡単に相場の慰謝料を認めてもらえるケースが多いです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket