交通事故の慰謝料の基準

いざ交通事故にあって、慰謝料を請求したとしてもその慰謝料に納得することができない人やその慰謝料が適正な金額かどうかを素人が判断することは非常に難しいと言われています。このページでは交通事故の慰謝料の相場の中で基準があることを説明します。

慰謝料まずは自賠責保険の基準でいわゆる強制加入保険のことです。交通事故が起きた場合に最低限の金額を保証してもらえるものです。そして任意保険の基準もあります。自賠責保険だけでは足りない金額を任意保険で補います。自賠責基準よりは高い支払になりますが保険会社ごとに基準が違うだけでなく、非公開になっています。外部からは金額が確認できないことが厄介な点です。

最後に弁護士基準です。裁判の中で使われる慰謝料の算定基準として運用をされているもので、最低限の補償のみの保険の基準やそれをカバーしている任意保険に比べると公正で、なおかつ客観的な判断に基づいて診断をしてくれます。そのため、支払いの金額も高額になる傾向があります。

慰謝料や損害賠償を増額させるための手段として自分の過失の割合を下げることが大切になります。交通事故を起こして被害者にも過失がある場合にはその程度に応じて加害者側の損害額は減ります。これに対してできることは加害者の主張に対して反論するために弁護士に相談することです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket